評価について

黒真珠の評価について

真珠は海から採れる宝石です。
ダイアモンド、ルビー、サファイヤなど他の宝石は鉱石から採れる物質であり無機質です。
それとは対照的に、真珠は宝石の中で生き物として収穫する唯一のものであり有機質です。
ダイアモンドなど殆どの宝石は「研磨」という人間の手が加わってはじめて美しく輝きだします。
ところが真珠はそのままの姿ですでに宝石として完成しています。
しかしながら真珠にはダイアモンドのような国際的な基準(グレード)がまだ確立されていません。

●ダイアモンドは鑑定書、真珠は鑑別書

鑑定書とはダイアモンドの品質(グレード)を判断する項目(4C)の分析結果を記載したものです。

鑑別書とは真珠に限らず宝石の種類、本物か偽者かの分析結果を記載したものです。 ただし宝石の品質評価は表示されません。

●仏領ポリネシア水産省真珠局が定めた品質基準

ポエラヒではお客様がタヒチ産黒蝶真珠をご購入されるにあたり、仏領ポリネシア水産省真珠局が定めた品質基準をもとに、より良い商品の選び方をお手伝いします。 タヒチ産黒蝶真珠は五つの公式な品質基準によって鑑別されています。

 

1.照り(テリ)

「照り」はA:優秀 B:とても良い C:良い D:普通 E:悪い で評価されます。

真珠層が0.8mm以上ないとタヒチから国外へ輸出できないと定められています。

真珠の「照り」は真珠の表面の光の反射によって評価されています。
良い「照り」というのは鏡のように光っています。
真珠層の「巻き」がこの「照り」に影響します。
「巻き」が良いというのは、真珠層が厚いということです。
真珠層が厚いものほど良質で強い輝きを発する力を持ち、長い間その美しさを保ちます。

真珠の美しさは「照り」であるといっても過言ではないでしょう。
「照り」は、真珠を選ぶ時の大切なポイントになります。

2. 表面(キズ)

「表面」は上級 A級B級C級D級で評価されます。

最低のD級レベルに満たない真珠「粗品」の販売とその輸出は禁止となっています。

真珠の表面は肉眼で評価されています。
表面に見られるキズ(凹凸、ヒビ、シワ)によって評価に影響がでます。
少ないほど良質となります。
キズといっても人為的、意図的につけたものではありません。
真珠をつくりだす貝は生き物です。
それゆえ貝が真珠層を分泌する際にできたものです。
無キズの真珠は非常に稀です。 

個人で楽しむ宝石として購入する場合は、特に目立つものでない限りあまり神経質になる必要はないでしょう。
日本では「エクボ」と呼ばれています。

3. サイズ(大きさ)

真珠のサイズは真珠の直径(mm)で測られています。
(ドロップなどの縦長の真珠は横の最大サイズを表示しています)
「11mmUP」などと表示している場合は、11mm以上ということで、11.0−11.9mmの間のサイズになります。

大きさは一定以上の厚さに巻いていれば品質の良し悪しには関係ありません。
しかしながら大きさは真珠の価値を大きく左右するため、価格に大きく影響します。
大きくなるほど貴重なものとなるため値段もあがっていきます。 

昨今は9mm以下の小さなサイズが大量に生産されるようになりました。
その分大きな珠は年々少なくなってきており、ますます稀少性が高くなってきています。



黒蝶真珠のサイズ
真珠 真珠
真珠 真珠 真珠 真珠
10mm11mm
12mm13mm14mm
15mm

 

4. シェイプ(形)

ラウンド(丸)、セミラウンド(やや丸)、オーバル(楕円)、ドロップ(涙、しずく)、バロック(変形)、セミバロック(やや変形)、ボタン、サークル(糸巻き状)、ケシ(無核)などの種類があります。

完璧な真円の真珠は大きさが大きくなる程採るのが難しくなるため、評価は高くなります。
ただし、美しい形のドロップも評価が高くイヤリングなどのペアで形がそろっていれば真円よりも珍重されます。

まん丸もいいですが大きくデフォルメしたバロックやケシはとてもユニークで個性があります。
欧米のマダムたちに好まれています。 



黒蝶真珠の形のバリエーション
ラウンド オーバル
ドロップ バロック サークル ケシ
ラウンドオーバル
ドロップバロックサークル
ケシ

 

5. カラー(色)

真珠の色味です。

黒蝶真珠の色はとにかく幅広いです。
グリーン系といってもトーンの濃いものから淡いもの、グリーンだけの単色ではなく他の色が混じった複雑なものなど様々な色合いのグリーンがあります。それぞれの色の表現の仕方も統一されておらず「系」という言葉で大きく分けられています。
中でも孔雀の羽を連想させる「ピーコックグリーン」は究極の色と言われています。

一概にどの色が良品質であるとは言い切れません。
色は一つの基準ではありますが、好みにもよります。
お肌の色との相性もありますので、いろいろと合わせて選ばれるのがいいと思います。



黒蝶真珠の色のバリエーション
グレー ブラック グリーン
レッド ピーコックグリーン ホワイト ブルー
グレーブラックグリーン
レッドピーコック
グリーン
ホワイト
ブルー