トップこだわり

タヒチ産黒真珠専門店【ポエラヒ】ポエラヒのこだわり

ポエラヒのこだわり

ポエラヒが扱う黒真珠はタヒチの養殖場で収穫されたものです。
その後、仏領ポリネシア水産省真珠局で品質検査を受け、仏領ポリネシアの税関局を通して輸入されます。

●大珠に大粒です


ポエラヒの黒真珠は10mm以上で大きいこと、黒真珠ケシも9mm以上の大きな粒です。

大きな真珠をつくるには高度で経験豊かな技術力が必要とされます。
最近ではそれができる技術者も数えるほどになってきました。
そのうえ昨今は黒真珠の醍醐味であるはずの大きさが脇に追いやられ、9mm以下の小さな珠が過剰に輸入されるようになってきました。
そのため大珠は年々減少傾向にあり、小さな珠ばかりが市場に溢れ出ています。


  ケシとは?
  ケシ
真珠をつくるときは真珠貝に核を入れます。
でも貝は生き物なので異物が入ったことで外に吐き出してしまうことがあります。
そうした貝は人工的な核をもたずに、たまたま入った砂粒や小生物などを天然の核として真珠をつくります。ですからケシは偶然にできたものです。無核真珠ともよばれます。

  核とは?
  核
真珠をつくるときにつかう真珠の芯となるものです。貝の中に核を入れるとそれに真珠層を巻いて、真珠ができあがります。
この核が真珠の大きさや形に影響を及ぼすとされています。そのため核は真円で真珠層と相性が適しているとされたドブ貝:イシガイ科カワボタン亜科(ミシシッピィやテネシー川に棲息)を原材料としたものが長年つかわれております。
最近ではシャコ貝をつかった核も見受けられ注意が必要になってきました。

●天然の色と照りです


ポエラヒの黒真珠は収穫してから、色や照りを良くみせるための薬品処理や化学加工をして、おりません。自然がつくりあげた色と照りこそが大切だと思っています。

●販売について


ポエラヒでは黒真珠を直接ご覧いただいてからのご購入をお薦めしています。

特に黒真珠は光の干渉や影響を受けるため、撮影技術が良くても、画像の加工処理をしても、本来の色を正確に表現できないという難しさがあります。
そのため、モニターと実物とのギャップがどうしても出てしまいます。
モニターではあくまでも目安としてご覧いただければと思っています。

真珠を手にとっていただくことも大事だと思っています。
真珠の滑らかさと重さを感じることができます。真珠が大きいほど重さも増していきます。
ケシは無核なので真珠に比べると意外なほど軽いものです。

真珠をお肌にのせていただくのも大切なポイントだと思っています。
お肌の色によって、真珠の色や照りの映り方が違ってきます。お肌になじむ色は真珠も肌も、不思議なほどより美しく華やぎます。

ご購入の際はぜひオーダーをご覧ください。